渡るネットは嘘ばかり

元文系、米国大学院CS修士号持ちITエンジニア。自称エンジニアが撒き散らすゴミを少しでもキレイにしたい

プログラミング教室第2期応募フォーム

相変わらず更新遅くてすみません。

ブログの方向性とかも考えていて。技術をガッツリやってきた人間って技術系ブログを書く傾向がありますが、仕事で研究をできてない以上、「何かの説明」とか「ライブラリを使ってみた」になってしまうと思います。ただね、最新技術をちゃんと使える人間ってReference見れば大抵いじれるんですよ。理解してない人間がいじれるようにするのは事故の素なのでそういうのしてもなぁ、と思ってしまう。

なので、これからITの世界に入りたい人や、ITの仕事をしてるけど、学校でガッツリ学んだわけじゃない人向けの、技術を俯瞰で見れるような情報を提供できれば、と思っています。ここの層って結構薄いと思ってて、初心者向けのレベルだと、ホントに初心者や毛が生えたレベルの人が書いてることが多くて(プログラミング教室のドメインとか大抵そう)、正直初心者レベルの技術情報は本が溢れてるので、初心者に毛が生えたレベルの間違いだらけの情報読むよりブックオフでも行って中古で技術書買った方がいいです。逆にある程度の技術者は面倒くさくて書きたがらないし、俯瞰で書けるちゃんと学んだ人はそもそも絶対数が少ない上に最新技術系に流れやすい。何度も書いてるけど、本はPeer Reviewっていって、同じ業界の他の専門家も内容をダブルチェックした上で校正して出してるので、プログラミング教室自慢の「何千回もの修正」も必要なく、細かい修正で多くても5版位のが多いですね。最初の精度高いので。信頼していいです。情報の粒度も選べるしね。プログラミングって上達速度が人によって全然違う(数学パズルみたいなもので数字への直感とかIQでだいぶ変わる)ので人によっては初心者でも初心者向けが物足りなかったり、難しかったりします。僕のプログラミング教室も人に合わせて、目指す業界や用途で言語とか内容、速度変えてます。第1期はちょっと走り気味だったから、第2期は毎回アンケート取りながら速度調節する予定。スライドもだいたいできて余裕出てきてるしね。

で、フォームなんですが、その前に。2期生の受講料は月1万になります。初回授業にお支払頂いても、週ごとに分けて頂いても構いません。場所は東新宿で、借りてるオフィスの会議室を使います。2名の募集で、週2日各1時間か、週1日2時間で2回の内1回は2人一緒でペアプログラミングとかの時間も設けたいかも。曜日を決めての継続した参加をお願いします。ただ、時間の調整はできるので、その週は都合悪いので曜日を変えたり、週2日を1日にまとめて2時間とかも承ります。

ではフォームは下記になります。1,2週間で選んで、方向性のカウンセリングを行って、11月の始め辺りには授業を始めたいと思います。

プログラミング教室2期募集